ホーム > 美容コラム記事一覧 > ワキ脱毛でワキ汗が増える!?脱毛とワキ汗・臭いの関係

ワキ脱毛でワキ汗が増える!?脱毛とワキ汗・臭いの関係

wakiase1
今や気軽に始められるようになった「ワキ脱毛」。

エチケットや衛生面から、ワキ脱毛を始める女性が増えていますが、そんな女性の中で「ワキ脱毛をしたら汗が増えた」、「臭いが気になるようになった」と感じる方が多くいるようです。

せっかく綺麗に脱毛しても、ワキ汗や臭いが気になってしまっては意味がないですよね。

そこで今回は、ワキ脱毛とワキ汗・臭いの関係やその対策について解説していきます。

スポンサーリンク

ワキ汗が増えたと感じる原因とは?

脱毛後、本当にワキ汗は増えてしまったのでしょうか?考えられる原因をみていきましょう。

その①ワキ汗が増えたと感じているだけ?

結論から言うと、脇脱毛により、汗の量が増えたのではなく、ワキ汗を感じやすくなった、ということです。

脇毛が生えているとそれが栓となるため、汗は流れにくい状態になっています。運動などで汗が流れ出る場合でも、ワキ毛にそって汗が流れるため肌にはほとんど付着しません。

ところが、ムダ毛がなくなると、ワキ汗が直接肌をつたうためワキ汗の存在を実感しやすくなります。今までは感じていなかったワキ汗の存在を感じやすくなったため、「ワキ汗の量が増えた」と感じてしまうのです。

その②脱毛後多汗症

その①で、「ワキ汗が増えたと感じているだけ」と述べましたが、実は実際に汗の量が増える場合もあります。それが、「脱毛後多汗症」と呼ばれる症状です。

「脱毛後多汗症」とは、精神的なもので、「脱毛によりワキ汗が増えた」と感じることで今までは意識していなかったワキに意識が集中してしまい、不安になりさらに汗をかいてしまうという症状です。

一度気になりだすと、それ以来ワキのことばかり気になってしまい、それが原因でまた汗をかいてしまう、という悪循環に陥ってしまいます。

脱毛後多汗症の場合、この悪循環を断ち切ることで改善することができます。

ワキの臭いがきつくなったと感じる原因

通常脱毛を行うと、臭いは軽減されると言われています。
それは、脇毛がなくなることでワキのムレが軽減し臭いの原因となる雑菌の繁殖が抑えられるためです。また、雑菌は毛根部で多く繁殖する傾向があり、脱毛し毛根がなくなると雑菌も減少し臭いが軽減されます。

では、なぜ臭いが強くなったと感じるのでしょうか?その原因を見てみましょう。

その①毛穴に溜まった皮脂や垢

脱毛により残った「毛穴」に皮脂や垢が溜まり、それが酸化されて臭いが発生していると考えられます。

脱毛後、ワキの毛穴に白いもの(黒の場合もある)が溜まっていないか観察してみて下さい。もし、溜まっているようなら、それが臭いの原因です。溜まっている皮脂を毛抜きでぎゅっと搾り出すことで、臭いは軽減されますが、何度も溜まるようであれば皮膚科で毛穴を開く処置をしてもらいましょう。

その②汗の量が増えた

脱毛後、臭いが強くなったと感じる原因として最も可能性が高いのが「汗の量が増えた」ことです。

先述した「脱毛後多汗症」が原因ということです。このような精神性発汗のやっかいなところは、運動や温熱性の発汗に比べて、汗の濃度が濃いということです。
つまり、臭い成分を多く含んだ汗のため、脇のようなこもる場所だとモワっと嫌な臭いを感じやすいのです。

ワキ汗・ワキの臭いの対処法

以上のように、脱毛が原因でワキ汗の量が増えたり、臭いが強くなる場合があることが分かりました。(ワキ脱毛をした人が全員そうなるわけではありません。)

せっかく脱毛しても、このままでは残念ですよね。
しかし、しっかりと対策を行うことで、この不安は取り除くことができます。ワキ汗・臭いに効果的な対策をご紹介します。

①汗取りパッド付きインナー

洋服に付けるタイプでは、動いている間にずれたり取れてしまう場合がありますが、インナーに付属しているものであればそのような心配はありません。

最近のインナーでは、ワキ全体をしっかりカバーしてくれるものや、さらさらとした滑らかな肌触りでありながらしっかりドライ・消臭効果のあるものも出てきています。

臭いよりも汗ジミがとにかく気になるという方におすすめです。

②直接貼る汗とりシート

インナーは暑くて苦手、という方におすすめなのが、ワキに直接貼るタイプの汗とりシートです。
ワキに密着して確実に汗を吸収してくれるので、汗っかきの方にぴったりです。

袖口から見えてしまうのでは?と心配される方には、透明なフィルム状のものがおすすめです。

その時の服装によって適切なアイテムを選択しましょう。

③制汗剤・デオドラント剤

汗対策として一番なじみがあるのが、制汗剤・デオドラント剤によるケアでしょう。これらの製品には様々なタイプがありますが、中でも「ロールタイプ」や「クリームタイプ」がおすすめです。
剤型別にそれぞれの特徴をまとめましたので、アイテム選びの参考にしてください。

 特徴こんな方・こんな時におすすめ
ウォーター・爽快感がある
・全身に使用可能
・朝シャン代わりに使いたい方
・全身に使用したい方
スプレー・清涼感がある
・広範囲に使用可能
・清涼感を好む方
・広範囲に使用したい方
シート・かいてしまった汗を拭きとることができる
・全身に使用可能
・シャワーが浴びられない時
・外出先でもケアしたい方
ロールオン・直塗りなので皮膚に密着する
・ローションタイプなので首筋、胸元に塗りやすい
・パウダーの粉舞いが苦手な方
・外出先でもケアしたい方
スティック・直塗りなので皮膚に密着する
・ひやっとしないので冬場でも使いやすい
・サラサラ感がある
・パウダーの粉舞が苦手な方
・ひんやり感が苦手な方
・外出先でもケアしたい方

④ボトックス注射

上記のような対策でも解決できないような深刻な症状の場合は「ボトックス注射」という方法もあります。
ボトックス注射とは、脇の下に注入することでエクリン汗腺の活動を抑制し汗の分泌を抑える治療です。汗の分泌が減ることで臭いを軽減することができます。
ただ、汗腺を取り除くわけではないため効果は永続的なものではありません。効果の持続期間には個人差があり、およそ4~9カ月と言われています。
また、一部保険が適用されない場合がありますので、事前にしっかりと確認しましょう。

まとめ:脱毛により汗が増え、臭いがでることもある

ワキ脱毛をした方全員がそうなるとは一概には言えませんが、ワキ脱毛を行うことで汗の量が増えたり、以前より臭いを強く感じることがあります。
せっかく、きれいになるために脱毛したはずなのに、そうなってしまっては残念ですよね。

ですが、汗取りパッド付きのインナーやデオドラント剤など汗対策のアイテムは様々あります。汗ジミが気になる場合は汗を吸収するアイテムやワキ汗を止めるアイテム。臭いが気になる場合は、デオドラント剤を。目的に合わせたケアアイテムをうまく活用することでそれぞれの悩みに対処していくことが可能です。

また、脱毛後多汗症のように、ワキ汗は特に精神的なものが大きく影響してきます。気にすればするほど症状は悪化してしまうので、まずは自分に合った方法を見つけて、事前にしっかりと対策を行い、可能な限り「汗による不安」を取り除いてあげることも大切です。

このページを皆で共有する

スポンサードリンク

美容コラム一覧

脱毛サロン徹底比較

あなたにオススメのエステサロン

エステサロン人気ランキング

このページの先頭へ