ホーム > 美容コラム記事一覧 > 痛くない!!最新の蓄熱式医療レーザー脱毛機おすすめ3選

痛くない!!最新の蓄熱式医療レーザー脱毛機おすすめ3選

itami06

「医療レーザー脱毛は、痛みが不安…。」、「とにかく痛くないレーザー脱毛が知りたい!」とお困りではありませんか?

最近、美意識の高い女性の間では、エステサロンでの脱毛より医療脱毛の方が効果が高いという認識が広がって来ました。

それにより、サロン脱毛から医療脱毛へ乗り換える人が増えています。しかし、医療脱毛の最大のネックと言えるのが「痛み」です。

確かに、医療脱毛の方が照射するレーザーの出力が大きいため効果は高いものの、当然痛みが伴います。ただ、医療レーザー脱毛全てが激痛というわけではありません。痛みの種類や強さは、使用する脱毛機器によって大きく異なります

特に最新の脱毛理論に基づいて設計されたレーザー脱毛機の中には、「ほぼ無痛に近い」とまで言われている機器もあります。

今回は、クリニックでの脱毛を検討、またはサロンから乗り換えを考えている方に「痛くないレーザー脱毛器の見分け方」を解説していきます。

スポンサーリンク

医療レーザー脱毛の痛みは「蓄熱式(SHR方式)」か「HR方式」かがポイント

突然、「蓄熱式(SHR方式)」と「HR方式」という耳慣れない言葉がでてきましたが、これらは、レーザー脱毛における「ターゲット(毛根のメラニン色素など)へのエネルギーの加え方」を表している言葉です。

簡単に言うと、

「蓄熱式」:ゆっくりじんわりレーザーを照射する
「HR方式」:高いエネルギーを一点に瞬間的に与える

という感じです。

従来の「HR方式」では、毛根の黒色(メラニン)に反応する波長のレーザーで毛母細胞を熱破壊して脱毛していました。しかし、この方法だと反応が強く、一点に高いエネルギーが集中してしまうため、痛みが伴いました

ところが、最新の脱毛理論から生まれた「蓄熱式」の脱毛機は、「毛包やバルジ領域」を広範囲に低いエネルギーでじんわり熱破壊していきます。そのため、エネルギーが一点に集中することがなく、ほぼ痛みのない施術が可能となりました。

つまり、レーザー脱毛の痛みを見分けるには、「使用する脱毛機器が『蓄熱式』であること」がポイントとなります!

まずは、この二つの方法のメカニズムや特徴を理解しましょう。
下に、「蓄熱式(SHR方式)」と「HR方式」の特徴をまとめました。

 蓄熱式(SHR方式)HR方式
ターゲット毛包、バルジ毛根(メラニン色素)
メカニズム広範囲に低出力のエネルギーを徐々に照射し、ターゲットを破壊。一点へのピーク出力が低いため痛みが小さい。
高出力のエネルギーを瞬間的に照射し、ターゲットを破壊。一点に高いエネルギーが集中し痛みが伴う。
痛みじんわり熱く感じる輪ゴムで弾かれるような痛み
肌質全肌質OK
日焼けした肌や色素沈着した肌はやけどのリスク有り
毛質色素の薄い毛、うぶ毛、ヒゲにも効果有メラニン色素の薄い毛(うぶ毛・金毛)には効果が低い
脱毛完了の回数※4回6~10回
脱毛完了までの期間※4ヶ月1年
特徴やけどなどの皮膚のトラブルが少ない。毛周期に関係なく施術可能。美肌効果がある。日本で最も普及している脱毛機器に採用されている方式。実績がある。
※脱毛完了の回数と期間はあくまでも目安です。肌質や毛質によって個人差があります。

痛くない!?最新脱毛理論が産んだ「蓄熱式(SHR方式)」脱毛機とは

では、ほぼ無痛で脱毛ができる蓄熱式レーザー機とはどのようなものなのでしょう。ここでは、蓄熱式脱毛機を詳しく解説していきます。

ターゲットは「毛包やバルジ領域」

●毛包とは●
さやのような形をした毛根を保護する立体組織で、新しい毛髪が育つ場所。毛包の中にある毛包幹細胞が破壊されると毛は再生機能を失います。

●バルジ領域とは●
毛根よりも浅い場所にあり、発毛因子という「毛の種」を生み出す領域。この「毛の種」が毛乳頭まで運ばれ成長し毛として生えてきます。つまり、バルジ領域を破壊すると毛の種が生み出されなくなるため、毛髪が生えてこなくなります。

これらの部位に、低いエネルギーで広範囲にゆっくりレーザーを照射し熱破壊するため、ほぼ無痛に近い施術ができるのです。

baruzi-03

そして実は!!!この蓄熱式の脱毛機器には「痛み」以外にも、注目すべき魅力的な利点が様々あります。これはもう、蓄熱式の脱毛機を選ばないと損です!

利点①毛周期に左右されない

従来のレーザー脱毛機では、毛根のメラニンにレーザーを反応させて脱毛していたため、成長期の毛にしか効果がありませんでした。そのため、全体を脱毛するには毛周期に合わせて施術する必要がありました。
しかし、蓄熱式の脱毛機は毛包・バルジ領域をターゲットにしているため毛周期に左右されません。つまり、脱毛期間が短いという利点もあるのです。

利点②地肌の色を選ばず、やけどなどのリスクが小さい

従来は、脱毛部位に色素沈着や日焼けなどの症状がある場合は皮膚のメラニン色素に反応し、熱傷を生じる可能性があるため施術を行うことができませんでした(中には、レーザーの出力を下げて施術を行うクリニックもあるようですが、その場合は効果も落ちてしまうというデメリットがあります)。

しかし、蓄熱式ではメラニン色素がターゲットではないため、日焼けした肌や色素沈着のある肌、色黒の肌でも安全に脱毛することが可能です。

利点③毛質を選ばない

従来では、メラニン色素に反応させていたため、色素の薄い白髪やうぶ毛、金毛は脱毛することができませんでした。

しかし、蓄熱式では色素の有無に左右されないため、全ての毛質に対して高い効果が期待できます。

スポンサーリンク

最新「蓄熱型(SHR方式)」おすすめ医療レーザー脱毛機3選

施術の痛みがないうえに、従来の脱毛機の様々なデメリットを改善した蓄熱式脱毛機。

この蓄熱方式(SHR方式)を搭載しているおすすめの脱毛機器を、取り扱っているクリニックとともに紹介します。

「メディオスターNeXT」

最近、脱毛業界で大きな注目を集めているのがアメリカ生まれの「メディオスターNeXT」です。

これまでの脱毛機は「毛根にある毛母細胞」を熱で破壊していました。しかし、最近の薄毛治療研究により、毛母細胞を破壊しても「バルジ領域」が残っていると毛が再生されてしまうことが分かりました。

その研究結果を基に生み出されたのが、バルジ領域を破壊する次世代型脱毛機「メディオスターNeXT」です。

デリケートゾーンやヒゲなど痛みに敏感な場所でも、不快感無く脱毛できる優れた脱毛機です。

●メディオスターNeXTを取り扱っているクリニック●

①レヴィーガクリニック

レヴィーガクリニック医療脱毛月額プラン

恵比寿にある総合美容クリニック。
なんとこのクリニックでは、メディオスターNeXTに加えて、同じ蓄熱方式のソプラノも導入しており、希望に合わせて医師が適切なマシンを選択してくれます。今ならVIO脱毛月額コースが初月0円のキャンペーン中です。特に痛みを感じやすいVIOは、メディオスターNeXTで快適に脱毛してしまいましょう!

◎メニュー◎
全身脱毛(5回):14,500円/月
ハイジニーナ(5回):3,700円/月
腕+脚(5回):6,200円/月

▶レヴィーガクリニックのさらに詳しい情報はこちら

②川崎中央クリニック

川崎中央クリニック

川崎駅東口徒歩1分の美容形成外科。20年の実績と信頼のあるクリニック。関東で初めてメディオスターを導入したのがこのクリニックで、常に最新の知識と技術で安心安全な施術を提供してくれます。5台のレーザー脱毛機を完備し、様々な肌質に対応できるのも魅力のひとつ。また、完全個室のカウンセリングルームなので、プライベート重視の方には最適なクリニックです。

◎メニュー◎
全身脱毛 5回コース(VIO、手の甲・指、足の甲・指除く):600,000円(税別)
ハイジニーナ脱毛(4回):70,000円(税別)
脚脱毛セット(4回):160,000円(税別)

▶川崎中央クリニックのさらに詳しい情報はこちら

③湘南美容外科

わき5回1000円+無制限3400円

全国に45店舗を展開する、大手美容クリニック。芸能人も多く通うこのクリニックでもようやく、メディオスターNeXTの進化版「メディオスターNeXT PRO」が導入されました。しかし、導入されて間もないため、施術可能範囲が口周りとワキのみで、取り扱っている店舗も限られているようです。(詳しくは直接お問い合わせください。)今後の展開に期待です。

◎メニュー◎
口周り(口ひげ、アゴヒゲ、アゴ下):12,000円(1回)、99,800円(無制限)
ワキ(無制限):3,980円(税別)

▶湘南美容外科のさらに詳しい情報はこちら

「ソプラノアイス」

蓄熱型脱毛マシンのパイオニアである「ソプラノアイス」は毛包をターゲットとした脱毛機です。

従来のレーザーの半分以下の低出力でレーザーを繰り返し照射し、皮下に熱を蓄えて脱毛していきます。また、照射熱による皮膚表面温度の上昇を抑える表力な冷却装置も搭載され、痛みがなく、高い安全性と効果を実現しました。

また、一回の照射面積が広いため、施術時間が短く、ムラになりにくいのも特長です。

●ソプラノアイスを取り扱っているクリニック●

①KUMIKO CLINIC

kumiko_clinic

東京メトロ日比谷駅徒歩1分のボディに特化した美容クリニック。一流デザイナーが手掛けた院内は、通うのが楽しくなる程、おしゃれかつ清潔に保たれています。また、院長が女性なので、小さなことでも相談でき安心して施術を受けることができます

◎メニュー◎
ベーシックコース「腕・足・ワキ」(5回):468,000円(税別)
レディースコース「VIO、乳輪、へそ周り」(5回):295,200円(税別)

▶KUMIKO CLINICのさらに詳しい情報はこちら

「HAYABUSA(ハヤブサ)脱毛」

先述した、「メディオスターNeXT」と同じく、この「HAYABUSA(ハヤブサ)脱毛」もバルジ領域を破壊する脱毛機になります。

2種類のレーザーで皮膚表面の温度を上げないようにバルジ領域を破壊し、急速冷却装置で肌へのダメージを最小限に抑えます。

もちろんこのHAYABUSAも、火傷のリスクがなく、毛周期に左右されず、肌質・毛質を選びません

また、レーザー照射によりコラーゲン生成が促進され美肌効果もあります。

●HAYABUSA(ハヤブサ)脱毛を取り扱っているクリニック●

①KM新宿クリニック

医療レーザー脱毛

JR新宿駅東口徒歩5分。丁寧なカウンセリングと施術で、口コミ評価の高いクリニックです。常に最新の美容医療の技術を取り入れ、安全安心な質の高い治療を提供してくれます。確かな技術力だけでなく、完全個室のオペ室や清潔なパウダールームを完備するなど、身も心もリラックスできる空間づくりにも力を入れています。

◎メニュー◎
全身(5回):280,000円(税別)
全身+VIO+顔(5回):420,000円(税別)
VIO(5回):75,000円(税別)

▶KM新宿クリニックのさらに詳しい情報はこちら

まとめ:それでも最後は○○が大事!!

今回は、痛くないレーザー脱毛機として、「メディオスターNeXT」、「ソプラノアイス」、「HAYABUSA」を紹介しました。

確かにこれらの脱毛機器は、最新の脱毛理論に基づいた設計により、従来の脱毛機に比べてかなり痛みが軽減されています。しかし、「痛みの感じ方」については、本当に個人差が大きいため、全員が痛くないとは断言できないのも事実です。また、これは部位についても言えます。腕や太ももなど毛の細い部分は痛みを感じないのに、VIOだと痛みが強い、ということもよくあります。

ですので、一番オススメな方法は、「お試しで照射してもらう」です。どんなにネットで調べても、痛みについては実際に照射してみないと分かりません。ただ、先ほど紹介した脱毛機器は痛みを感じにくい設計になっているので、これらを扱っているクリニックに絞ってお試ししてみる、というのが効率的な方法でしょう。

ぜひ、上で紹介したクリニックを参考に、痛くない自分にぴったりのクリニックを探してみてください。

このページを皆で共有する

スポンサードリンク

美容コラム一覧

脱毛サロン徹底比較

あなたにオススメのエステサロン

エステサロン人気ランキング

このページの先頭へ