ホーム > 美容コラム記事一覧 > デリケートゾーンの悪臭。アンダーヘアの未処理が原因かも?

デリケートゾーンの悪臭。アンダーヘアの未処理が原因かも?

nayamu

女性なら誰しもが悩むデリケートゾーンの臭い。

他の人より臭いがキツイのでは?臭いが漏れていないか?なんて不安に思った経験はあると思います。

もしかしたら、その臭いアンダーヘアの未処理が原因かもしれません。

デリケートな部位だけに、なかなか相談できずに悩んでいる人が多いようです。

今回はデリケートゾーンの臭いの原因と対策について解説していきます。

スポンサーリンク

デリケートゾーンの臭いの原因とは?

まずは、デリケートゾーンのニオイの原因を正しく理解しましょう。

①雑菌の繁殖

デリケートゾーンの嫌な臭いの主な原因は「雑菌の繁殖」です。正しくは、雑菌が繁殖する際に排出される「老廃物」が悪臭を放つ原因です。

雑菌は、おりものや尿、経血、汗などを栄養分とし繁殖します。特におりものはタンパク質が豊富で、雑菌の大好物です。さらに、デリケートゾーンは下着やストッキングなどにより通気性が悪く、高温多湿となり雑菌が繁殖しやすい環境となっています。

「おりものなどの栄養分」と「高温多湿という条件」が揃ってしまうと、雑菌の繁殖を加速させ、臭いがきつくなってしまいます。

②すそわきが(外陰部臭症)

他にも、デリケートゾーンの臭いの原因としては「すそわきが」が考えられます。医学的には「外陰部臭症」と呼ばれるもので、いわゆる「わきが」と同じ原理で発生する陰部の臭いを指します。

エポクリン汗腺から分泌される、脂肪や尿素、アンモニアなどの「臭いのもと」となる成分と皮脂腺から分泌される脂肪酸が混ざり、これを皮膚の常在菌が分解することによって、独特な臭いを放ちます。
臭いの特徴としては、ネギ・お酢・納豆のような臭いが近いようです。
この症状は男性よりも女性に多く、ほとんどの場合わきがの症状もあります。

すそわきがはクリニックなどで治療することが可能です。高周波や電気針などでアポクリン腺を破壊したり、ボトックスで陰部からの発汗を抑えるなどの方法で治療していきます。
自分の陰部が異常に臭う、臭いが強いおりものの量が増えたなどの時は、婦人科系の病気の疑いもあるので、早めに医療機関を受診しましょう。

③食事や体調、ホルモンバランスの乱れ

にんにくなどの臭いの強い食べ物や肉類、脂肪分の多い食事を取った時は、陰部だけでなく身体全体の臭いが強くなる傾向があります。また、お酒を飲んだりニオイの強い野菜やその加工食品を食べることも臭いの原因となります。

ニンニクやアルコールなどは体内で分解されると、強い悪臭を放つ成分となります。この成分が血液を介して肺や皮膚から排出されるため体臭が強くなってしまいます。また、脂肪分の摂取量が多いと内臓脂肪・皮下脂肪・血液中の脂質が増えてしまうだけでなく、皮膚から分泌される皮脂も増えてしまいます。この皮脂は酸化されると臭いを放つため、皮脂が多くなると必然的に臭いも強くなってしまいます。

また、睡眠不足やストレスなど体調の悪い時なども臭いが強くなる傾向にあります。

デリケートゾーンの臭い対策

このように、デリケートゾーンの臭いの原因は様々です。ですが、最も有効な対策・解消法はデリケートゾーンを清潔に保つこと、といえます。では、具体的にどのように対処していくと良いのでしょうか。

①デリケートゾーンを優しく丁寧に洗う

清潔に保つために、アンダーヘアの洗い方を見直してみましょう。臭いが気になるあまり、ごしごし強めに洗っていませんか?デリケートゾーンは皮膚が薄いため、強い刺激は炎症や黒ずみなどの肌トラブルを引き起こし、また、皮膚を守っている常在菌までも洗い流してしまいます。
これでは、臭いを悪化させてしまいます。ですので、指の腹を使ってたっぷりの泡で優しく丁寧に洗うようにしましょう。
大陰唇・小陰唇などの溝には、おりものなどの分泌物が乾燥した恥垢(ちこう)と呼ばれる汚れが溜まりやすく、シャワーだけではなかなか落ちません。傷をつけないように注意しながら、汚れを落としてください。最近は、デリケートゾーン専用の洗浄力の穏やかなソープも豊富に販売されているので、それらをよく泡立てて洗うようにするとベストでしょう。
ただし、膣内まで指や石鹸で洗うのはやめましょう。雑菌の侵入や繁殖を防ぐ自浄作用が低下してしまいます。

②通気性がよく、締め付けのない衣服を着用する

臭いの原因として、「高温多湿」という条件が挙げられます。蒸れを防ぐために、通気性が悪いナイロンやポリエステルの下着は避け、コットンやシルク素材のショーツを選びましょう。
また、ストッキングも蒸れの原因になります。ただ、仕事上ストッキングは必要ですので、履く場合は通気性の良い夏用のストッキングやショートストッキング、ガーターベルトの使用がオススメです。

③アンダーヘアを処理する

アンダーヘアを処理することで、雑菌の餌となる汚れの付着や、蒸れを根本から解決することができます。いくらキレイに洗っても、いくら締め付けのない衣服を着用しても、アンダーヘアが未処理では、汚れの付着や蒸れはどうしても避けることはできません。全ての毛をなくすとまではいかなくても、最低でも下着からはみ出ない程度の処理は、臭い対策として非常に有効な方法です。
参考記事:「デリケートゾーン(VIO)の処理、本当に必要?知っておきたいメリットと正しい処理方法」

雑菌が繁殖しにくい環境づくりと見た目やエチケットという側面からみても、アンダーヘア処理のメリットは大きいと言えます。

このページを皆で共有する

スポンサードリンク

美容コラム一覧

脱毛サロン徹底比較

あなたにオススメのエステサロン

エステサロン人気ランキング

このページの先頭へ